失敗しないアサイーの選び方

栄養濃厚! アサイーは、美容と健康に強力なサポーターです!

HOME » アサイーの基礎知識 » アサイーとは

アサイーとは

最近「アサイー」というのがちらほら目につくようになっていました。

あるとき、お気に入りのカフェで「アサイー」という文字を発見!
アサイーをつかったヘルシーなスイーツが紹介されていました。
私にはアサイーが何なのかわからなかったので、後で調べてみました。

アサイーは数千年も前からブラジルのアマゾンに自生していて、和名では「ワカバキャベツヤシ」といわれるヤシ科の植物です。
アサイーの木は細長く、20m~30mほどの高さに育ちます。この木は幾つもの幹に分かれて育ち、房状にアサイーベリーが実ります。
ひとつの木に約3房~4房ぐらいの実がなり、1房あたりの量は3~6kgほどになります。

アサイーの実(アサイーベリー)は、ブラジルでは古くから「ミラクルフルーツ」、「医者いらずの果実」などといわれていました。

また、疲労回復や健康維持、若さを保つパワーを秘めていると珍重されてきたそうです。

ブルーベリーに似てる!

アサイベリーの大きさは直径1センチほど。形は丸く、実が成ったころは緑色ですが、成熟すると紫色になるそうです。
見た目はブルーベリーみたいだなと思いましたが、中身はまったく違うようです。

たっぷりと大地のパワーを吸い上げたアサイーの実は、サイズは小さくても、その中には鉄分やカルシウム、食物繊維にポリフェノールなどの栄養素がたっぷりと凝縮されています
ブルーペリーにはアントシアニンやビタミン類などが豊富に含まれています。
見た目は似ているアサイーとブルーベリーですが、中身の栄養素には大きな違いがありました。

新鮮なアサイーベリーを食べたいなら・・・。

アサイベリーは、古くからブラジルの原住民に親しまれてきたフルーツです。現地の人たちは、アサイーベリーの種を除き、実をすりつぶして主食として食べていたそうです。

美容にも健康にも必要とされている栄養素が溢れんばかりに含まれているというアサイーの実を生で食べられるなんて、うらやましい限りです!

私も生のまま食べてみたいと思ったのですが、それはブラジルのアマゾンまで行かないと無理なようです。
というのも、アサイーベリーが生のまま食べられるのは採取して24時間以内。それ以上経過すると、アサイーベリーは酸化してしまうそうです。つまり、日本で手に入るアサイーベリーは、すべて「加工されているもの」ということになります。

top

copyright(c) 失敗しないアサイーの選び方 All Rights Reserved.